プラセンタ注射療法

プラセンタ注射療法

肝炎や更年期障害の治療薬として厚生労働省から認可されているプラセンタ注射薬ですが、それ以外にも、なかなか治らなかった病気が治ったり、難病と呼ばれる病気の症状が軽くなり元気に過ごせるようになるなど、あらゆる効果をもつプラセンタ(胎盤)療法とは何かをご紹介いたします。

プラセンタって何?

赤ちゃん(胎児)を母体内で育てる臓器で、主に胎盤とへその緒(臍帯)からなります。

[自然界に幅広く生息している乳酸菌]

なぜプラセンタが体に良いの?

プラセンタは、ヒトでは約10カ月に1個の胚細胞をおよそ60兆個まで増殖させていくと同時に、各種臓器や器官を作り上げていきます。プラセンタはそのためにさまざまな生理活性物質を合成し、妊娠期間中継続して胎児に与え続けています。プラセンタは他の組織や臓器が含んでいないさまざまな活性物質を総合的に含んでいるのです。

使っている材料は?

日本国内で満期正常分娩によって出産したヒトのプラセンタを原料として使用しています。
安全性は・・・
出産されるお母様の血液検査を実施し、ウィルス等で汚染されている可能性のないプラセンタを原料として収集します。また、お母様の海外渡航歴により、1980年1月以降にヨーロッパに通算して6ヶ月以上滞在経験のあるお母様のプラセンタは、原料から除外されます。
さらに、工場への原料受け入れ時に、B型肝炎C型肝炎、後天性免疫不全症候群(エイズ)、成人T細胞白血病リンゴ病の5つのウィルスについては改めて検査し、原料の安全性を確認します。
これに加えて、未知のウィルスの汚染対策として、最終製造工程で高圧蒸気殺菌を行います。
こうして2重・3重の安全対策を経て製造された製品は、最後に製品試験でウィルス等の病原性物質についての確認試験が行われ、安全性について最終確認をした後出荷されます。

どんなときにどの程度注射すればいいの

一般的に、疾病で注射する場合は、最初の2週間はできるだけ毎日つめて注射することをお勧めします。その後は効果を維持する目的で、週1〜3回程度にします。疾病の程度や状態によって、1人1人最適な投与量や投与回数が異なってきますので、必ず医師の指示に従って治療をお受け下さい。
特に疾病を持っていない健康な方で、美容や疲労回復、若返り等の目的で注射をお受けになる方は週1度程度でよいと思います。また、特に疲れたときや、肌のくすみや化粧のりが気になったりした時はカンフル剤的に注射してもらうと良いでしょう。

長期にわたって継続して注射しても大丈夫

[自然界に幅広く生息している乳酸菌]

大丈夫です。
患者さんの中には、ほぼ毎週一回の注射を10年以上続けている方がたくさんいます。
ただ、疾病が完治した方や体調が回復した方は、長期間にわたって注射をする必要は、一般的にはないと思います。具合が悪くなったり、何らかの自覚症状が出たときに、初めて治療を開始するので十分だと思います。

注射する量と効果は比例する?

注射剤に含まれる有効成分のほとんどは、細胞の表面にある受容体と呼ばれる鍵穴にはまり込むことによって、細胞に取り込まれて効果をあらわします。
受容体にまだ空きのある場合は、有効成分と結合してどんどん取り込みますが、受容体がすべて埋まってしまうと有効成分はもう受容体と結合することができませんので、それ以上取り込まれなくなります。
一般的に5アンプル位までは注射する量と効果は比例するようです。また、リウマチや膠原病の治療に、10アンプルを投与する特殊な治療を行っている専門医院もあります。でも、このような特別な場合を除き、注射する量は医師にお任せ下さい。ただし。いつもよりお疲れのときや体調の悪いときには、その旨を医師にお伝えください。医師が投与量を調整します。

あまり効果が実感できないのですが?

もともと健康な方が治療をお受けになっても、ほとんど効果を実感されない場合があります。
健康な方が薬剤や食品でさらにパワーアップを図るのは、運動選手のドーピング等と同様に、本来正常な身体の基礎代謝を無理やり亢進させることですから、身体には害になります。この治療のよいところは、身体が必要でなければ、有効成分を身体が取り込みませんので、不必要なストレスを身体にかけることがないのです。健康な方は、体調が悪いときや本当に疲れたときなどにお試しください。
疾病の治療や治療補助の目的の方で、この治療を1ヶ月以上続けられても効果が実感できない方は、1ヶ月ほどご治療を休んでいただいて、改めてはじめてください。

ホルモンの含有は?

プラセンタはもともと女性ホルモンを中心に、多種のホルモンを含有しています。
しかし、注射剤はホルモンをその前駆体(ホルモンを作る材料)まで分解してあります。
したがって、ホルモンは一切含有されていませんので、乳ガンや子宮ガンを経験された方や子宮内膜症の方なども安心してご使用いただけます。

妊娠中の注射は?

妊娠中

穴位(ツボ)注射でなければ、問題ありません。
胎児に対する影響や、生殖能力、胎児数への影響(多児妊娠の可能性)、等の毒性は無いことを私見で確認してありますので、安心して治療を受けられて結構です。
ただし、妊娠している旨を必ず医師に言ってください。
穴位(ツボ)注射の場合は通常の注射と違って、強い物理刺激がありますので、妊娠中はおやめください。

プランセンタの有効成分は?

プラセンタにはさまざまな活性成分が含まれています。
その中でも、私たちは「細胞増殖因子」と「サイトカイン」、および「RNA(リボ核酸)」に注目し、医療用医薬品としてこれらの有効成分を中心に、プラセンタから抽出しています。

プラセンタ注射

細胞増殖因子(プラセンタの有効成分)

「細胞増殖因子(Growth Factor)」は、細胞の設計図となる遺伝子情報を運ぶ物質です。胎児を約10ヶ月間で新生児まで成長(細胞増殖および器官形成)させるプラセンタは、細胞増殖因子を旺盛に合成・分泌し、胎児に与えることにより、胎児を作り上げるのです。細胞は設計図がなければ組み立てられませんので、細胞増殖因子なくして細胞が新たに作られることはありません。
ヒトは生まれて成長してからも、体内でこれらの細胞増殖因子を作り続けます。なぜなら、1個1個の細胞にはそれぞれ寿命がある上に、身体の機能を維持していくためには、老化して活性の下がった細胞は速やかに活性の高い新しい細胞に置き換えてやる「細胞の新陳代謝」が必要だからです。新しい細胞を作るには、その設計図がなくてはなりませんから、成長してからも常に細胞増殖因子が必要となるのです。
ところがヒトは、この細胞増殖因子を作る能力が年とともに次第に低下してきます。
したがって、新しい活性の高い細胞を作る能力が年とともに次第に低下していくことになります。
この生物学的な過程および状態を「老化」と呼びます。一般的に「老化現象」と呼ばれているさまざまな症状には、1個1個の細胞が老化し能力が低下したにも拘わらず、細胞増殖因子が足りないために新しい細胞が合成されず、細胞の新陳代謝が行われない状態が、身体全体の表現されたものです。

サイトカイン

細胞増殖因子の中でも、免疫担当細胞(T細胞やB細胞、マクロファージ等)を増殖・分化させるものを特に「サイトカイン」と呼びます。
自然治癒力・免疫能を賦活したり、過敏になった免疫細胞を制御したり、免疫システム全体のバランスを調整・回復します。

RNA(リボ核酸)

細胞の設計図は、DNA(デオキシリボ核酸)という言語で書かれています。
そのDNAで描かれた設計図を翻訳して、そも設計図に基づいて細胞を合成する物質がRNA(リボ核酸)です。
このRNAには、強力な抗酸化作用があります。DNAの突然変異、即ち「ガン化」には活性酵素等の「フリーラジカル」と呼ばれる物質によるDNAの直接的な損傷(酸化)が最大の原因の1つであるといわれていますが、RNAには酸化を強力に抑制する作用があることがわかっています。

予期される副作用は?

筋肉注射を受けた場合、注射部位が硬くなったりすることがありますので、注射を受けた後には、注射部位周辺をよく揉んでください。
まれに注射剤に含まれている成分のいずれかに対して抗体を持っている方がいます。そのような方は、注射を受けたあと注射部位周辺が腫れたり、全身に蕁麻疹、または発疹がでることがあります。このような症状が出た場合は、直ちに医師に申し出て下さい。このような方は、注射を受けるたびに同じような症状が出る可能性が高いので、残念ながら投与を中止します。
ただし前日にお酒を召しあがっていて、このようなアレルギー症状が出た場合は、一過性の副作用で、お酒をそれほどお飲みにならなければ、継続して治療を続けられる場合もあります。医師の指示に従ってください。
また空腹時に注射を受けると、一般に「針酔い」と呼ばれるめまいや吐き気が出る事がありますので、空腹時の注射は避けた方がいいでしょう。
プラセンタ抽出物には自律神経や中枢神経の緊張やストレスを緩める作用があることが知られています。特に緊張やストレスの強いお仕事の方は、注射をしている最中や、し終わった後に眠くなることがあります。
また、免疫能が亢進すると、「だるさ」を感じることがあります。このだるさは2〜3日持続する場合がありますが、その後は消失しますので継続してご使用頂いて問題ありません。

よく効く病気

歯槽膿漏・味覚低下・口内炎・舌炎

頭痛・口内炎・気管支炎・喘息・胃弱・食欲不振・便秘・肝炎・肝硬変・パーキンソン病・るいそう・腎炎・糖尿病・ネフローゼ・高血圧・狭心症・貧血・十二指腸潰瘍

肩こり・むちうち・五十肩・腰痛・ひざ痛・筋肉痛・リウマチ・関節痛・神経痛

更年期障害・乳汁分泌不全・生理痛・生理不順・無月経・不妊症・冷え性・子宮筋腫

アトピー性皮膚炎・肌荒れ・しみ・乾燥肌・脱毛症・皮膚潰瘍・白班・水虫

自律神経失調症・うつ病・不眠症・拒食症・てんかん

前立腺肥大・夜尿症・性欲低下・膀胱炎・尿道炎

アレルギー性結膜炎・眼精疲労・視力低下・緑内障・角膜炎

アレルギー性鼻炎・耳鳴り・めまい・難聴・メニエール病・臭覚低下

料金のご案内例