インプラント治療について

インプラントとは

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に、チタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込みます。

現在のインプラントはチタンでできています。チタンは生体親和性が高いため、アレルギーを起こしません。3〜6ヶ月後には骨と直接結合するという特性を利用して治療します。

自分の歯とほぼ同じ感覚で噛めるため、従来の入れ歯やブリッジに代わる治療方法として、インプラントを選択する人が増えてきました。

インプラントは、顎の骨に埋め込む人工歯根(フィクスチャー)と、上に被せる人工歯(上部構造)、それらを結合させる土台(アバットメント)から構成されています。

骨の状態に合わせて、様々な形態のインプラントをご用意しています。

粘膜の厚みや、上部構造によって、様々な長さや形に対応できます。

審美性に優れた人工の歯が入ります。色合いや歯並びなどチェックした上で作製しますので見た目も自然です。

  • インプラントの埋入は原則的に局所麻酔で行い、痛みはほとんどありません。
  • 手術時間はインプラントの本数により異なりますが、少ない場合は1時間以内で終了することもあります。
  • 術後入院の必要は原則的にありません。
  • インプラント術後の不快感は一般的に抜歯時と同様、もしくは少ないと言われています。

インプラントが骨と結合しているので安定性があり、噛み心地は天然歯と変わりません。
リンゴでもステーキでも安心して食べることができるので、栄養をきちんととることができます。

見た目が天然歯のように自然なので、自信をもって笑ったり話したりすることができ、
毎日の生活が活気づきます。

ブリッジなど他の治療法と異なり、まわりの健康な歯を削ったり抜いたりする必要がありません。

失われた歯根の部分を代用する治療法はインプラント治療だけです。
歯根がない状態では顎の骨が萎縮してしまうことがあります。

インプラントは、虫歯になりません。
但し、インプラントを長持させるために、口腔内の衛生管理と定期検査は欠かせません。