インプラント治療について

バーアタッチメント

総義歯の方で義歯が外れやすくて良く噛めないとお困りの方には少ない本数のインプラントで義歯をアタッチメントという特殊な金具でインプラントに止める方法があります。アタッチメントには、ボールアタッチメント・磁石(マグフィット)アタッチメント・バーアタッチメントなどの種類があります。

オーバーデンチャーによる治療とは、吸収してしまった顎の骨に、最低2本のインプラントを用いて、現在使用している入れ歯をしっかりと安定させる治療法です。インプラントの上にボール型やバー型のアバットメントをアンカー(固定源・土台)として利用するために、少ない本数でも入れ歯の浮き上がりを抑えることが出来ます。また、使用するインプラントの本数が少なく出来るため、経済的な治療法です。顎骨の吸収程度にもよりますが、下顎は2本のインプラントを使用します。

【バータイプ】
埋め入れた専用のインプラント体をバーにて連結し、入れ歯側にバーを挟み込むクリップを装着する事により入れ歯を固定します。その他、磁石を使って入れ歯を固定する方法もあります。