インプラント治療について

歯肉を切らないインプラント

正確・安全に短時間で手術が終わる。
歯肉をほとんど切らずに手術が行えます。

ノーベルガイドシステム

NobelGuide™とは患者負担を軽減し、予知性・安全性を更に向上させた画期的な臨床応用システムです。(3D画像による治療計画から外科手術、補綴治療までの一貫した治療システム)このガイドにはインプラントの埋入場所・角度などの情報が記録され、手術時に正確なインプラントの埋入を導きます。手術はこのノーベルガイドを歯肉に装着し、歯肉のに小さな穴をあけて行います。ほとんど歯肉を切らずにインプラントを埋入するので、安全に、そして短時間で手術が終了します。傷も最小限に抑えることができるので術後の回復も早まります。

1.予知性・安全性の向上

■治療プランニング (コンピューターベース)
CTデーターと3D画像による埋入シミュレーションにより安全性・予知性が向上しました。

NobelGuide™では最終的な補綴物の3次元的形態と骨の画像を同時に見ながらインプラントの埋入位置を決定できるため、審美性・機能性が更に向上された治療が可能となります。

2.オペ時間・治癒期間の短縮

■サージカルテンプレートを用いたフラップレス術式
インプラント埋入まで可能なサージカルテンプレート

NobelGuide™ではサージカルテンプレートを用い、浸襲性を最小減に抑えたフラップレスでの術式になります。サージカルテンプレートを用いることでドリルステップが簡便になり、オペ時間の短縮が可能であります。また歯肉の切開が不要になる為、患者さんの通院回数を少なくすることができます。

3.即時負荷

■上部構造体
NobelGuide™の治療計画により術前に製作された上部構造体

NobelGuide™ではサージカルテンプレートを用い、浸襲性を最小減に抑えたフラップレスでの術式になります。サージカルテンプレートを用いることでドリルステップが簡便になり、オペ時間の短縮が可能であります。また歯肉の切開が不要になる為、患者さんの通院回数を少なくすることができます。